癒しのお風呂「3大効果」:温熱効果

一日の疲れをリセットする方法は、人それぞれいろいろあると思いますが、
誰でも簡単に実践できるのが「入浴」です。
お風呂でのリラクゼーション(癒し)について見ていきましょう。

まずは、お風呂の3大効果の一つ「温熱効果」です。


・34〜38℃の「微温浴」は、毛細血管への刺激が少なく、筋肉の疲れを和ら
 げます。さらに副交感神経へ働きかけゆっくりとリラックス状態に導いて
 くれます。

・38〜42℃の「中温浴」は、血液循環を良好にして体を芯から温めてくれま
 す。副交感神経の働きが最も活性化する温度でもあります。

・42℃以上の「高温浴」は、新陳代謝を促して心身ともに活動的になり、
 眠気を一掃する効果があります。

また、乳酸や疲労物質を減らすため、疲労回復も期待出来ます。


of002.jpg



posted by みや at 22:22 | 癒しのお風呂「3大効果」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒しのお風呂「3大効果」:浮力効果


癒しのお風呂の3大効果の二つ目は「浮力効果」です。

体は水中に入ると浮力を受けて軽くなります。この浮力原理は

お風呂に浸かっている時もあてはまります。

この浮力効果により筋肉や関節への負担が軽減され、精神的な

リラックス効果が得られます。


posted by みや at 22:47 | 癒しのお風呂「3大効果」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒しのお風呂「3大効果」:水圧効果」


癒しのお風呂の3大効果の3つ目は「水圧効果」です。

お風呂に浸かると体に水圧がかかり、胴回りは約3〜6cm、
ふくらはぎでも約1cm縮みます。
この水圧により、日中足に溜まった血液は押し戻され、心臓の働きを
活発にして血液循環を良くしてくれます。

ほかにも、水圧で横隔膜や肺などが圧迫されて酸素量が減ります。
すると、これに対応するように心臓の働きが活発になり、無意識の
うちに呼吸数が増加し、心肺機能UPにつながります。

以上のようにお風呂に浸かることによる3つの効果が期待できる
ことからもお風呂に入ることが癒し効果につながることは御理解
頂けたと思います。

疲れがたまって辛い時、ストレスがたまったリラックスしたい時等
はシャワーだけで済ますのではなく、お風呂にゆっくりつかることで
これらが改善できるかもしれません。

お友達や家族と温泉旅行に行って温泉に入れば、なおのことこの効果
が期待できるでしょう。


イルコルポ ミネラルバスパウダー
自宅でゆっくりお風呂に入る場合にお勧めのバスパウダーです。
リラックスできるばかりでなく、じっくり汗をかき代謝を促進させて
くれます。



お安くお得に温泉旅行を楽しむのならこのサイトは要チェックです。

posted by みや at 22:21 | 癒しのお風呂「3大効果」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂で簡単マッサージ


のんびりと浸かっているだけでも癒しの効果があるお風呂ですが、
簡単にできるマッサージで気になる部分を積極的に癒してみましょう。

腰のだるさがある人は・・・
1)湯船の底に座ったまま左右に腰をひねる。
2)気になる箇所をゆっくり揉みほぐす。

肩こりがある人は・・・
1)手を後頭部に当て、ゆっくり前に倒し、首の後ろの筋肉を伸ばす
  ことを意識する。
2)続いてゆっくり左右に倒し、しばらくキープする。

足が疲れている時は・・・
1)足首から順に脚の付け根に向かって指圧する。
2)膝の裏側にあるリンパ節を指で軽く押す。
3)足の甲の中心から指先に向かって指圧する。
4)手の指を足の指の間に差し込み、左右に軽く動かす。
  (少し痛いくらいの力加減がgood)



イルコルポ ミネラルレッグスムーサー
マッサージで足痩せならこれ。
プロやモデルもお勧めの脚専用スリミングマッサージ剤です。
(いまならトライアルキャンペーン中。)


posted by みや at 18:00 | お風呂でマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 全身浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 全身浴
目的   : 安眠、ストレス解消等

たっぷりのお湯に肩までつかる方法です。
ぬるめのお湯に時間をかけてゆっくり入ると、副交感神経
の働きによって安眠・ストレス解消に効果が期待できます。

一方、熱めのお湯は副交感神経を刺激するため、リフレッシュ
効果が期待できます。
朝の目覚めに朝風呂に入る人もいらっしゃると思います。
ただ、入浴は体力を消耗するため、短時間で済ませることを
心がけましょう。


of005.jpg


posted by みや at 10:31 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 半身浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 半身浴
目的   : 冷え症、リラックス、デトックス等

ぬるめのお湯にみぞおちから下だけお湯につかり、腕はお湯に
つけずに入浴する方法です。

全身浴に比べ、心臓にかかる負担は軽く、新陳代謝を促すため
冷え性の人には効果的です。
また、溜まった疲れも取れるため、最近ではリラックス効果を
求めて、男性にも人気のある入浴方法です。

30分以上の半身浴は大量の汗が出るためデトックス効果があり、
お肌もすべすべになります。

しかし、体内の水分も奪われるため、入浴前後には十分な水分
補給をしておきましょう。


イルコルポ ミネラルバスパウダー
これを使えばさらにデトックス効果がUPします!!

posted by みや at 11:08 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 手浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 手浴
目的   : 肩こり、手の疲れ解消等

肩こりや、手の疲れを改善する効果があるのが手浴です。
洗面器にやや熱めのお湯を入れ、10〜15分ほど手首の上まで
つけておきます。

揉んだり、爪の根元部分をマッサージすると、血液やリンパの
流れが良くなり、癒し効果がUPします。




posted by みや at 11:22 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 足浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 足浴
目的   : 温浴効果、風邪をひいている時

深めのバケツにやや熱めのお湯を入れ、30分前後ふくらはぎ辺り
までつけておく入浴方法が足浴です。

全身浴と同様の温浴効果がありますので、風邪をひいている時にも
お勧めの入浴法です。


posted by みや at 11:28 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 座浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 座浴
目的   : 膀胱炎、痔等、便秘などのトラブル改善

洗面器にやや熱めのお湯を入れ、お尻だけをいれる入浴法が
座浴です。
5〜10分が入浴時間の目安になります。

この入浴法は膀胱炎や痔、便秘などのトラブルの改善に効果的
です。

なお、洗面器が無いと言う場合は、浴槽に20cmほどお湯を
はって、お尻だけをつけてもOKです。



posted by みや at 11:35 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 顔浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 顔浴
目的   : セルフフェイシャルケア、のどの痛み、鼻づまり等

蒸気で毛穴を開き、セルフフェイシャルケアにも役立つのが、この
顔浴です。

まず、洗面器にやや熱めのお湯を入れ、その蒸気を顔に当てます。
蒸気が他に逃げないように上からバスタオルなどをかぶり、5分ほど
維持しましょう。

大きく深呼吸するとのどの痛みや鼻づまりにも効果的です。
最後に水で顔を洗い、毛穴を引き締めましょう。

of003.jpg


posted by みや at 12:15 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調に合わせた入浴方法 : 温冷交互浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 温冷交互浴
目的   : 疲労回復等

お湯3分、水1分を3〜5回、交互に入るのがこの温冷交互浴です。

末梢血管を広げ、疲労物質の乳酸を排出する作用が高く、疲労回復
には最適の入浴方法です。

特に、体調不良時には手足の血管に老廃物が溜まりやすく、温冷
交互浴はこの老廃物を排出するマッサージ同様の効果が得られます。

御家庭のお風呂ではこの環境をお持ちの方はあまりいないと思いますが、
温泉や健康ランド等には水風呂を完備したところも多くありますので
見かけた時は是非試してみてください。



posted by みや at 12:24 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状別入浴方法 : 眠れない場合


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

原因 : 自律神経のバランスの乱れが要因として考えられます。
     就寝直前に入浴する人は副交感神経が刺激され、安眠しづらく
     なります。

改善 : 就寝2時間前には入浴を済ませ、体温を下げて眠りにつきま
     しょう。
     早めの入浴が難しい人は、38〜40℃のぬるま湯で30分前後の
     入浴がお勧めです。


of006.jpg

posted by みや at 18:45 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状別入浴方法 : 冷え性の人


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

原因 : 血行不良や自律神経のバランスの乱れが要因として考え
     られます。

改善 : 夏は37〜38℃、冬は38〜39℃のぬるま湯に30分ほど
     入浴しましょう。
     お風呂上がりに靴下をはいて、冷え防止の対策もお忘れ
     なく。


イルコルポ ミネラルボディクリーム
お風呂上がりのボディケアならこのクリームがおすすめ。塗るだけで保湿や美肌作りが・・・

 
posted by みや at 18:54 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状別入浴方法 : 肩こり


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

原因 : (持病が無い場合は)血液循環の悪化が要因として考え
     られます。

改善 : 37〜39℃のお湯に20〜30分つかると、温熱効果と浮力効果
     で乳酸菌や疲労物質が排出され、肩こりの軽減が期待でき
     ます。


posted by みや at 19:00 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状別入浴方法 : むくみが気になる場合


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

原因 : 立ち仕事や冷房の冷えによる血行不良が要因として考え
     られます。

改善 : 37〜39℃のぬるま湯にゆっくりつかります。
     つま先から足の付け根に向かってマッサージしたり、浴槽で
     の足裏指圧も効果的です。



イルコルポ ミネラルレッグスムーサー

posted by みや at 19:04 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状別入浴方法 : 筋肉痛


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

原因 : 筋肉の収縮時に筋肉に傷がついて痛みを感じます。

改善 : 37〜39℃のお湯にゆっくりつかりましょう。
     疲れを感じる部分を浴槽で指圧すると疲労物質が排出され
     やすくなります。


of008.jpg


posted by みや at 19:09 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状別入浴方法 : 食欲を抑えたい場合


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

入浴により、新陳代謝を促し健康的なダイエット効果が期待できます
が、さらに、食事前に入浴を済ませることにより、温浴効果で食欲が
抑えられます。

ミネラルを含んだ水分を十分にとり、37~39℃のお湯で半身浴をする
と効果的です。

これぞ、癒しのお風呂でリラックスしながらダイエットが出来る理由
です。

posted by みや at 19:17 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入浴トラブル防止策


癒しのお風呂をより安全に快適に楽しむために気をつけなければならない
「注意点」と「入浴トラブル防止策」を記します。

まずは注意点(問題となる要因)です。この項目に当てはまる点が
ある場合は改善が必要です。

・お風呂の湯温は42℃くらいの熱いお湯に入るのが好き。

・食後すぐに入浴することが多い。

・お酒を飲んだり運動したらすぐに入浴する。

・入浴時、石鹸で体をごしごしと洗う。

・脱衣所と浴室に温度差があり、冬は特に寒さのストレスを感じる。


上記問題による入浴トラブルの防止策

・入浴は40℃以下のお湯で10分以上のんびりと

・食後30分〜1時間の入浴は避ける。
 食事直後の入浴は消化不良の要因になります。

・飲酒後や運動直後の入浴は避ける。

・石鹸やボディーシャンプーはよく泡だてて使う。
 皮脂を取り過ぎると肌は乾燥しトラブルの元。ごしごし擦るのでは
 なく、手やタオルで泡だてて、その泡で優しく洗いましょう。

・浴室を湯気やお湯で温めて温度差をなくす。
 脱衣場と浴室の移動の際の急激な温度変化は脳卒中等を誘発する
 リスクが高まります。血圧が高い人は特に注意が必要です。


of007.jpg

posted by みや at 23:35 | 入浴トラブル防止策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。