体調に合わせた入浴方法 : 温冷交互浴


癒しのお風呂、その入浴には様々な方法があります。
体調や目的にあわせた入浴方法を工夫してリラックス効果を
高めましょう。

入浴方法 : 温冷交互浴
目的   : 疲労回復等

お湯3分、水1分を3〜5回、交互に入るのがこの温冷交互浴です。

末梢血管を広げ、疲労物質の乳酸を排出する作用が高く、疲労回復
には最適の入浴方法です。

特に、体調不良時には手足の血管に老廃物が溜まりやすく、温冷
交互浴はこの老廃物を排出するマッサージ同様の効果が得られます。

御家庭のお風呂ではこの環境をお持ちの方はあまりいないと思いますが、
温泉や健康ランド等には水風呂を完備したところも多くありますので
見かけた時は是非試してみてください。





posted by みや at 12:24 | 体調に合わせた入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。