症状別入浴方法 : 眠れない場合


お風呂に入ることはリラックス効果だけではありません。
体の調子(症状)にあわせた入浴方法で悩ましい症状の改善
が期待できます。

原因 : 自律神経のバランスの乱れが要因として考えられます。
     就寝直前に入浴する人は副交感神経が刺激され、安眠しづらく
     なります。

改善 : 就寝2時間前には入浴を済ませ、体温を下げて眠りにつきま
     しょう。
     早めの入浴が難しい人は、38〜40℃のぬるま湯で30分前後の
     入浴がお勧めです。


of006.jpg



posted by みや at 18:45 | 症状別入浴方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。