入浴トラブル防止策


癒しのお風呂をより安全に快適に楽しむために気をつけなければならない
「注意点」と「入浴トラブル防止策」を記します。

まずは注意点(問題となる要因)です。この項目に当てはまる点が
ある場合は改善が必要です。

・お風呂の湯温は42℃くらいの熱いお湯に入るのが好き。

・食後すぐに入浴することが多い。

・お酒を飲んだり運動したらすぐに入浴する。

・入浴時、石鹸で体をごしごしと洗う。

・脱衣所と浴室に温度差があり、冬は特に寒さのストレスを感じる。


上記問題による入浴トラブルの防止策

・入浴は40℃以下のお湯で10分以上のんびりと

・食後30分〜1時間の入浴は避ける。
 食事直後の入浴は消化不良の要因になります。

・飲酒後や運動直後の入浴は避ける。

・石鹸やボディーシャンプーはよく泡だてて使う。
 皮脂を取り過ぎると肌は乾燥しトラブルの元。ごしごし擦るのでは
 なく、手やタオルで泡だてて、その泡で優しく洗いましょう。

・浴室を湯気やお湯で温めて温度差をなくす。
 脱衣場と浴室の移動の際の急激な温度変化は脳卒中等を誘発する
 リスクが高まります。血圧が高い人は特に注意が必要です。


of007.jpg



posted by みや at 23:35 | 入浴トラブル防止策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。